2010年06月

2010年06月29日

都内にもアジサイ園が沢山あります
色や形の競演は何度見ても、気持ちの良いものです
梅雨の季節の楽しみの一つです。
最近、真っ白な紫陽花「アナベル」の群生として名を馳せている、「東京サマーランド」のアジサイ園に行ってきました。
山の斜面を埋め尽くした真っ白な紫陽花は、心もリフレッシュさせてくれます
初夏に真っ白な雪山を思わせることから『アナベルの雪山』と名付けられた景観は圧巻です。

11-1

02

園内には約60品種15,000株におよぶ紫陽花が植えられています
05

19

17

100

紫陽花は日本原産だそうです



翠drecom_guroriosa55 at 20:29│コメント(0)トラックバック(0) │

2010年06月23日

この花は別名「未央柳 (びょうやなぎ)」、とも呼ばれ今の季節いろいろな所に咲いています。
紫陽花の咲く季節に黄金色の花が一際目を奪います。
道路際に咲いていた美女柳です。

1

葉がヤナギに似ていることが美容柳と呼ばれているそうです。
「美女」と付くのは、長く伸びた雄しべが美しく女性のまつげに似ていることから美女ともよばれているのだそうです。
そういう見方をすれば、本当にきれいなものですね
no title

今日の一枚でした

翠drecom_guroriosa55 at 13:51│コメント(0)トラックバック(0) │

2010年06月18日

桜が散り初めた頃、千波湖では白鳥・黒鳥の雛が孵り始めます
親子で泳いでいる姿は、緩やかに過ぎて行くささやかな幸せを感じさせられます。
01

見るたびに、夫婦仲睦まじく子白鳥を見守っている風景は 見飽きません
03

こちらは黒鳥です
丁度孵ったばかりらしく、羽の下に卵も見えました
31

こちらの母親は卵をよく孵るようにまとめてました
30

白鳥の雛も黒鳥の雛も、雛のうちは殆ど見分けが付かないほどです
08

ここから白鳥の教育物語です
①両親で子供たちに何か教えているようでした
草の食べ方でも教えているのでしょうか

14

②小さくても草を食べられようです。
06

④一羽だけ云う事を聞かない雛がいたようです。 おかあさんの厳しい事!
口にくわえて水に入れました
15

⑤首根っこ持ち上げて振り回していました
19

白鳥の親子を見ているとほのぼのとして時の経つのも忘れるほどです
09

こちらは大きくなった雛たちです
このくらい大きくなると外敵の心配も少なく親も安心してみているようです
21

雛たちもひっくり返ったりもぐったりして楽しんでいるようでした
23

雛の羽は可愛らしくまだまだ小さいです
22-1

雛の様子をアップしてみました
興味のある方はご覧になってくださると嬉しいです
ここです

logo1



翠drecom_guroriosa55 at 21:20│コメント(0)トラックバック(0)

2010年06月04日

スカイツリーが日ごと伸びてます
近隣の橋はカメラマンでいつもいっぱいです
高くなりすぎて近くからはとてもデジカメに収まりきれません
そこで二枚の写真を繋いで全景が見えるようにしてみました

二枚の合成写真

canvas

一枚目 上部
dsc04942

下部
二百を数える店舗がはいるそうです
dsc04941



翠drecom_guroriosa55 at 06:29│コメント(0)トラックバック(0)